一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘っ立ところに埋め込みます。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大切です。
ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易といわれているのです。
手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応し立ためで時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。
インプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいとは言えません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
インプラント治療が難しいとされる最大の所以は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ再び手術を行って始めの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。インプラント治療はとってもの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの所以で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまっ立という外見が損なわれる可能性もあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。
インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。この治療の費用は歯科医院それぞれで大きく異なります。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければもしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。

義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えるでしょう。